カテゴリー: 今日のアンダーライン

日記 11(原武史)

(2014年の日記です/引用者註)
四月二十九日(火)

……柳美里『JR上野駅公園口』(河出書房新社)が届く。
 現天皇と同じ一九三三年に福島で生まれた男が、東京オリンピックの前年、常磐線に乗って上野にやってくる。その後、息子や妻を失ってホームレスになり、上野恩賜公園で生活していたとき、現天皇と現皇后の行幸啓に伴い「山狩り」が行われ、強制的な立ち退きにあう。そのとき男は、高級車に乗る天皇と皇后に向かって手を振る。
 現天皇の姿は、男が四七年に原ノ町の駅で見た昭和天皇の姿に重なる。昭和天皇は戦後巡幸で東北地方を回る途上、わざわざ原ノ町で下車したのだ。天皇陛下万歳を叫ぶ人々の声が男の耳にこだまする。
 最後は上野駅のホームで山手線内回りの電車に飛び込むこの男の生涯の節目節目に、昭和天皇や現天皇や現皇后は大きな影を落としている。被災地を回り、人々を励ましている天皇や皇后が、同時にホームレスを排除する権力をもっていること、そのほほ笑みに包まれた権力は、排除される当事者自身すら陶酔の渦に巻き込んでしまうことを、小説の力によって示した意義は大きいと思う。

(pp.52−53)

『マンガ日本の古典 18 太平記・上』

(新田義貞、鎌倉をめざして稲村崎に差しかかった折)
「伝え承る、日本国開闢の主、伊勢天照大神の御本体は大日如来で、仮の姿を龍神として現されたと聞きます……わが君はその御子孫でありながら、逆臣のために苦しまれており……この義貞は臣たる道を尽さんとして、敵陣に臨んでおります……願わくば……内海外海の龍神八部よ…私の忠義を見届けて、潮を万里の沖に退け…道を開かしめたまえ……」
(pp.258−259)

「うしろめたさのリサイクル学」

「僕は自分のごみを誰かにあげようとしてるのかなって……、こうやってごみ袋にいらなくなった服だけ入れている自分のことをちょっと考えちゃって」
「ああ。……うしろめたい気分になっちゃったのか」
「だって、どうして買ったばかりのトレーナーとかスニーカーは袋に入れないんだろうって。ほんとうに誰かに何かをあげたいんなら、新品をあげるべきだよね」
「じゃあ入れたらいいじゃん」
「え。でも、このスニーカー、ずっと欲しかったんだもん……」
 新しいスニーカーを握りしめた息子を見上げながらわたしは言った。
「『あげる』っていうのと『リサイクルする』ってのはまた違うと思うよ。今回は、たまたま誰が使うかを知っているから、『あげる』って感じになっているけど、例えば母ちゃんと一緒に慈善センターにリサイクルの服を持っていくときとかは、それを使う人が誰だかわからないし、不要なものを持ち寄ってシェアする、っていう考えしかないから、『あげる』とかそういうこと考えないでしょ」
(p.36)

『獏の耳たぶ』

『獏の耳たぶ』(芦沢央・著、幻冬舎)

 郁絵さんが声を張り上げて立ち上がった。わたしは航太をベビーベッドから連れてきて椅子に座らせる。本当に座れるんだろうか、と思ったが、航太は椅子にぴったりとはまった。自分でも座ったことに驚いたように、きょとんと目を丸くしている。
 わあ、とわたしは思わず声を出していた。椅子の力を借りているとは言え、初めて一人で座っている姿は急に成長したように見える。
 だが、一瞬後、隣で本当に一人で座っている瑠空の姿が目に入ると、膨らんだ思いがゆっくりとしぼんだ。左右に身体を揺らしたり自分の足をつかんだりしている瑠空は、航太よりも自由に見える。
(p.119)

「依存症、かえられるもの/かえられないもの 3」

『みすず』第676号 所収

 ある女性患者は、自身が自傷行為する理由についてこう語った。
「心の痛みを身体の痛みに置き換えているんです。心の痛みは何かわけわかんなくて怖いんです。でも、こうやって腕に傷をつければ、「痛いのはここなんだ」って自分に言い聞かせることができるんです。ほら、虫に刺されて痒くて痒くて、いくら掻いてもどうしようもなく痒いときに、刺された場所の皮膚をつねったりするじゃないですか。ああいう感じなんです」
 おそらく自傷行為は、「痛みをもって痛みを制する」行為なのだろう。トラウマ記憶という、自分では説明もできなければコントロールもできない痛みから、ほんの一瞬でもいいから気を逸らすためにに自傷行為という、自分で説明もコントロールもできる痛みを用いているのだ。少なくともそれは、一時的には自殺を回避するのには役立っている。……
(p.42,「依存症、かえられるもの/かえられないもの 3 行きのびるためのセガ・ラリー・チャンピオンシップ」松本俊彦 より)

『ロジ・コミックス』

ラッセル「…枝には3枚の葉が存在する、故に”世界には少なくとも3つのものが存在する!”」
ウィトゲンシュタイン「いえ、そうじゃない! 全然つがう! こうは言えます、”この木には少なくとも3枚の葉が存在する”と…」
ウ「でも”世界に…”とは言えない! 論理はそれを許してはならない、世界全体を写すことはできないから!」
ウ「例のパラドクスから気づくべきだったんです、ラッセル! 論理は空虚だ…実在を語ることはできない! 空虚な形式に実質を語らせようとしても、得られるのはたわ言だけだ!」
ラ「この言明はどうだ? ”明日は雪が降るか、または降らないだろう” ”急遽な形式”だが全くの真だ!」
ウ「そう、でも明日の天気について何も語ってはいない!」

そういうことだ。私は20年間も、トートロジーを作り出す機械の存在を必死に証明しようとしてきたのだ!

ウ「私の本は言語の限界を定めるものです。思考の限界をも」
ウ「でも真の問題はそれを超えたところにある……つまり、いかに生きるべきかであって」
ウ「…語りえぬものです!」
ウ「科学的事実を全て寄せ集めても、世界の意味を理解するためには足りない。そのためには世界の外に踏み出さねばならない!」
ラ「言語や思考なしで、どうして何かが理解できる?」
ウ「さあ、口笛でも吹けばいいのかな?」
……
ウ「寒すぎて吹けません、ラッセル」
ウ「なんて寒いんだ」
(pp.260−261)

『マンガ日本の古典1 古事記』

『マンガ日本の古典1 古事記』(石ノ森章太郎・著、中央公論社)

日本人からしたら、神話とはいえ……いや神話だからこそ無視できないやりとりだと思いませんか? 大昔から、こういう風にして意思決定されてきたのかと思うと。

オモヒカネ
「オホクニヌシの神を殺してしまえば--面倒はすべて解決です…!」
アマテラス大御神
「…知恵の神にしてはまた乱暴な考え…!?」
オモヒカネ
「…葦原の中国の底力はもはや尋常の手段ではどうにもなりませんぬ…! さよう--これは最後の手段なのです!」
アマテラス大御神
「…任せます…」
オモヒカネ
「……!!」
(p.195)

『文字渦』

『文字渦』(円城塔・著、新潮社)

……しかし境部には、あの楷書という字体は、文字というより新種の呪具のように見えるのである。およそ人間らしさというものを省き捨てて完全に秩序に従わせることで、書く者に不自然な手の動きを強い、刻する者に無茶な鑿の使い方を強いるあの字形こそ、天子が地上を統べる宣言として相応しいのではないかと思う。呪術性を極端に廃したゆえに、逆説的に強烈な呪力を帯びて見えるのである。楷書に比べれば、巷間の占い師が思わせぶりに見せてくる呪符などは所詮、お人好しを一人二人と絡め取る、小人のまじないにとどまる。国家天下を相手にするまじないは、公明正大、誰の目にもそうとわかるはずなのにそれとは見えず、堂々と流通するものではないか。文字は書き手の人柄を現すが、最早人柄を現すことのできない字形を定めることではじめて、無人格的な国家は成立するのではないか。
(pp.124−125)

『平場の月』

『平場の月』(朝倉かすみ・著、光文社)

「転移したなら、したって言えよ。ちょっとヤバいことになったって、それくらいは言えるだろうよ。っていうか、おれだよ」
 なぜ、あの日、気づかなかったのか。「あれ、今日、検診だった?」と訊いたじゃないか。「どうだった?」と。「聞きたい?」、「くわしく?」、「えー、そんなに?」と時間稼ぎするあいだ、須藤はきっと迷っていた。そしてあのVサインだ。二本の指をしょんぼりと折り曲げた、あのVサイン。
(pp.243−244)

『持統天皇』

『持統天皇』(直木孝次郎・著、吉川弘文館)

もともと日本古代史にはさほど興味がなかったのですが、直木孝次郎さんの本、そして橋本治さんの小説などから、とくに白鳳時代ものはよく読むようになりました。

……彼女(のちに持統天皇となる鵜野皇后/引用者註)は、天智(鵜野皇后の父/引用者註)の細心緻密で冷酷なまでに沈着な性格を大量にうけつぎ、天武(鵜野皇后の夫で天智天皇の弟/引用者註)補佐の任を果たしたのではなかろうか。天武の性格については、『書紀』の編者は「壮に及びて雄抜神武」という評語を下しているだけで、よくはわからぬが、天智親娘よりは直裁で粗剛な傾きがあったように思われる。天智・天武という諡号(おくりな)は、奈良朝になってからつけられたものだが、この兄弟の性格の特色を、かなりよくあらわしていると思う。

(p.131)